スポンサーリンク

出っ歯が原因の口臭はどうする?

口臭には様々な原因があります。良く疑われるのが、胃腸の疾患です。

 

胃腸に病変部があることで悪臭が生じ、それが食道から口腔内へと流れてくるというものです。

 

それ以外では、口腔内に原因があるケースがほとんどです。

 

あまり知られていませんが、出っ歯という歯列不正も口臭の主な原因にもなり得ます。

 

まず始めに、口臭について考えてみましょう。

 

人間であれば、誰しも必ず口臭はあります。ですので口臭が気になっている人や、周囲から注意を受けるような人は、その口臭の程度が人よりもきついだけなのです。

 

私たちは生き物ですから、臭いと全く無縁で生きていくことは不可能なのです。そんな口臭のほぼ9割方は、口腔内に常在している細菌によって産生されます。

 

ミュータンス連鎖球菌などの口腔内細菌は、食べかすや歯垢などを利用して揮発性ガスを発生させます。

 

ですので、口臭の原因である揮発性ガスを抑えることが口臭予防へとつながっていくのです。揮発性ガスを産生する細菌は、口腔内が乾燥すると増殖します。ここで、出っ歯と口臭の関連性が浮き彫りになってきます。

 

出っ歯だと、僅かではありますが常に口が開いている状態となります。

 

口が開いていると口呼吸をしてしまい、前歯の表面はおろか、口腔内全体が乾燥してしまいます。

 

そうして、細菌が増殖する下地が出来上がってしまうのです。

 

唾液の中には抗菌作用を持った成分が含まれているため、唾液の量と細菌の増殖量は反比例の関係にあると言えます。

 

ですので出っ歯で口臭に悩んでいる人は、ガムなどを噛むことによって口腔内の乾燥を抑えるように努力することが大切です。ガムを噛んでいる間は、唾液の分泌が活発に行われますので細菌の増殖も抑制されます。

 

また出っ歯の人は歯列が全体的に乱れている傾向にあり、ブラッシングが難しかったりします。すると磨き残しができてしまい、歯垢がたまり、細菌増殖を助長します。

 

そこで出っ歯の人は人一倍、ブラッシングに気を付けましょう。

 

歯の裏側や歯と歯の間には歯垢がたまりやすくなっていますから、歯間ブラシやフロスなども活用して、丁寧に磨いていきましょう。

 

そうした口臭対策や口臭治療は歯科クリニックでも行ってくれますので、出っ歯で口臭に悩んでいる方は一度歯科医に相談してみてはいかがでしょうか。

 

口臭検査や口臭測定は1万円前後で受けることができます。また、口臭治療などは数万円程度で受けることができます。

 

出っ歯を根本的から治さずとも、口臭対策をすることは可能なのです。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加