スポンサーリンク

インプラント矯正で治す

歯科におけるインプラントと言うと、やはり顎の骨にチタン製のボルトを埋め込む差し歯を思い浮かべますよね。

 

数年前から一般化しており、実際にインプラントを埋め込んだ人も多いかと思います。しかし実は、歯列矯正においてもインプラントを活用したものが存在するのです。

 

これをインプラント矯正と呼びます。

 

インプラント矯正では、通常のインプラント治療で用いるボルトよりもやや小さめのものを使用します。このミニインプラントと呼ばれる装置を固定原とすることで、安定した歯列矯正が可能となります。

 

本来、歯列矯正では動かしたい歯の近くに存在する歯を固定源として矯正装置を設計します。

 

歯列矯正と言っても、原理は非常に原始的なものですから、何かを動かすさいには固定源となるものが必ず必要になってくるのです。

 

これを出っ歯の矯正に利用する場合には、矯正用インプラントを顎の骨に打ち込みます。

 

それでは、通常のインプラントと変わらないじゃないか!と思うかもしれませんがそうではありません。矯正用インプラントは歯が生えていた部分に打ち込むのではなく、歯肉や口蓋の部分に打ち込むのです。

 

あくまで固定源として使うだけですから、矯正治療が終わったら撤去します。出っ歯になっている前歯だけを矯正したい場合などに、インプラント矯正は最適です。

 

先ほども申し上げた通り、通常の矯正ではその他の歯を固定源とするため、正常な位置に生えていた歯も動いてしまうという副作用があるのです。

 

これをインプラントを用いることで、前方に突出している歯だけを正常な歯列へと引き戻すことも可能になるのです。

 

そんなインプラント矯正の最大のメリットは、やはり治療期間の大幅な短縮化です。その他、設計した通りの治療効果が得られることが多いです。

 

インプラント矯正のデメリット

その一方で、デメリットもいくつかあります。

 

1つ目は、インプラント治療と同様に治療費が高くなってしまうというデメリットがあります。

 

これはインプラント矯正が保険適用されないということと、技術料及び材料費が非常に高くなっている・・ということから避けることができないデメリットと言えるでしょう。

 

症例にもよりますが、100万円前後かかることは間違いありません。

 

そして、インプラント矯正自体がまだあまり臨床の現場で実践されていないこともあり、どの程度成功するかは歯科医師の技術にかかってきます。

 

ですから、もしインプラント矯正で出っ歯を治す場合には、できるだけ症例数をこなしている歯科クリニックへ行くことが大切です。せっかく高い治療費を払ったのに出っ歯がきちんと治らなかったら残念ですからね。

 

出っ歯で悩んでいる人は、以上のことを踏まえた上でインプラント矯正を検討されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加