スポンサーリンク

インプラントを埋めて出っ歯を治す

出っ歯の最終的な治療方法としてインプラントを行うことも考えられます。

インプラントとは?

インプラントとは、虫歯や外傷などで歯の大部分が破壊されてしまったケースで適用される治療法です。基本的には歯冠はもちろんのこと、歯根も歯髄も全て保存できないような症例が対象になっています。

 

ですから単に出っ歯というだけでインプラントを埋めることはまずありません。

 

けれども、通常の歯列矯正でも外科的処置を施しても改善が不可能で、なおかつ患者自身がインプラント治療を強く希望した場合にのみ適用できるかと思います。

 

インプラント治療とは?

では、インプラント治療というのは一体どのような治療法なのでしょうか?

 

インプラントとは、何かを「植える」と言った意味合いを持っています。

 

歯科におけるインプラントでは、チタン製のボルトを顎の骨に植える治療法を指します。このボルトは天然歯における歯根の役割を果たしています。

 

歯冠部は、いわゆる差し歯と同様の、歯の色をした構造物を設置します。ですので見た目は一般的な差し歯と何ら変わりません。

 

違いはやはり歯根部のボルトですね。

 

このチタン製のボルトは骨との親和性が高く、時間を追うごとに骨と融合していくという性質があります。ですから体からも異物扱いされずに、自然な形で歯を再建することができるのです。

 

難治症例の出っ歯に悩んでいる場合は、こうしたインプラントを埋めることで見た目を劇的に変えることが可能です。

 

言って見れば歯を植え直すわけですから、理想的な傾斜角、大きさ、歯の色を再現することができるのです。

 

インプラント治療を行うことのデメリット

ただし、インプラント治療を行うことのデメリットもいくつかあります。

 

まず、費用の面です。

 

インプラント治療は原則的に保険が適用されませんから、総額でかなり値段になってしまいます。一般的な相場では、1本あたり数十万円です。

 

次に健全な歯を抜かなくてはならないというデメリットも挙げられます。

 

インプラントは根っこから頭まで、歯科用材料で構成されていますから、いくら出っ歯が健全であっても完全に抜歯しなければ治療を行えないのです。

 

そしてその副作用として、ものを食べたときの感触が悪くなるというものもあります。健全な歯というのは、歯根膜という膜に囲まれています。

 

この歯根膜というのは一種のセンサーみたいなもので、硬いものや軟らかいものなどを見極めたり、食べ物の触感を楽しんだりするのに重要な役割を果たしているのです。

 

インプラントには、そうした自然な感覚が無くなってしまうという欠点があります。このように出っ歯をインプラントで治すためには、さまざまなデメリットも受け入れなければなりません。

 

それでも美しい歯を手に入れたいということを優先させるならば、インプラントはおすすめと言えるかもしれません。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加