スポンサーリンク

ホームホワイトニングで出っ歯による着色を改善する

着色してしまった歯を綺麗にするには、まず念入りなブラッシングが大切です。歯をきちんと磨かなければ、出っ歯でなくても歯の着色は進行していくものです。

 

ただしある程度、着色が進行してしまうと普通のブラッシングだけでは対処できなくなります。

 

そうなったときにオススメなのがホームホワイトニングです。

 

ホームホワイトニングとは、文字通り自宅で行うホワイトニングのことを指します。

 

と言っても、厳密には薬剤の購入からホワイトニング処置まで全て自分で行うものと、歯科クリニックに通院して行うものとの2種類が存在します。

 

自分で行うホームホワイトニング

ホワイトニング剤とマウスピースを、インターネットの通販サイトや薬局で購入します。

 

マウスピースに歯を白くする薬剤を塗りつけ、上下の歯列にはめることでホワイトニング処置を行います。値段も安く、簡単に手に入るため気軽にホワイトニングを体験することができます。

 

歯科クリニックに通院して行うホームホワイトニング

まず最初に、歯科クリニックで診療してもらい歯の状態を把握します。

 

どれくらい着色しているのか?どれくらいの強さの薬剤が適切なのか?これを歯科医師によって判断してもらいます。また、マウスピースも自分の歯列に合ったものを作成するため、ホワイトニング効果も非常に高いと言えます。

 

けれども初診料や検査費用等もかかるため、市販のホワイトニングよりはかなり高額な費用がかかることになります。

 

もしも出っ歯における着色を改善したいのであれば、やはり歯科クリニックで自分専用のマウスピースを作成することが望ましいです。

 

それに加え、市販のホワイトニング剤では薬液の濃度が高かったりするので、かえって歯の色を害してしまうことがあるので注意が必要なのです。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加