スポンサーリンク

歯の着色および黄ばみはホワイトニングで解消する

出っ歯の人で、歯の着色に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

 

じっさい歯が前方に突出していると、着色しやすくなるものです。これは主に、歯面の乾燥によるところが大きいです。

 

出っ歯の人は歯が常に外気に触れていますので、表面が乾燥しやすくなっています。

 

どんなものでも、表面が湿っていたり水分が絶えず流れている状態だと着色しないものです。これは着色の原因である汚れなどが流れていくためです。

 

しかしながら、歯が乾燥してしまうと着色の原因物質が歯面に留まり、微細な亀裂や傷痕に沈着していくのです。

 

特に喫煙者やコーヒー、紅茶などを愛飲されている人は着色しやすい傾向にあります。もちろん出っ歯でなければ、そう簡単には着色しないものです。

 

では出っ歯の人で着色を抑える、もしくは取り除くにはどうしたら良いのでしょうか?

 

当然、最も確実な方法は出っ歯を矯正することですがそう簡単なものではありませんので、まずはホワイトニングをお勧めします。

 

ホワイトニングには大きく分けて2種類あります。

 

ホームホワイトニング

1つ目が、ホームホワイトニングで基本的に自宅でホワイトニング処置をするものです。費用が安く、使用方法も簡便なので気軽に利用することができます。

 

※ホームホワイトニングの詳しい説明はコチラ

 

オフィスホワイトニング

そしてもう1つがオフィスホワイトニングで、こちらの場合は全て歯科クリニックで処置してもらいます。

 

専用の薬剤や機材を用いて行うため、治療費はそれなりに高額となります。

 

また出っ歯によって歯が黄ばんだりしたケースでは、保険が適用されないため数千円から数万円の出費となります。

 

しかしながら、前歯は最も目立つ口腔内のパーツですから、多少費用がかかっても白く美しく保つことは大切かもしれません。

 

※オフィスホワイトニングの詳しい説明はコチラ

 

 

 

どちらも出っ歯の根本的な治療法ではありませんが、歯が白くなることで精神的にもだいぶ楽になるかと思います。

 

ホワイトニングは歯質へのダメージもほとんどなく、リスクの少ない歯科治療といえます。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加   

歯の着色および黄ばみ記事一覧

着色してしまった歯を綺麗にするには、まず念入りなブラッシングが大切です。歯をきちんと磨かなければ、出っ歯でなくても歯の着色は進行していくものです。ただしある程度、着色が進行してしまうと普通のブラッシングだけでは対処できなくなります。そうなったときにオススメなのがホームホワイトニングです。ホームホワイトニングとは、文字通り自宅で行うホワイトニングのことを指します。と言っても、厳密には薬剤の購入からホ...

歯の色と言えば、やはり黄ばみ等を着色が思い浮かびます。こうした着色は、歯科クリニックで受けられるオフィスホワイトニングできれいに落とすことができるのをご存知でしょうか?オフィスホワイトニングでは、専用の薬液や精密機器を使用して、着色した歯を本来の白さへと戻していきます。また、短期間で治療が完了するため、一刻も早く歯を綺麗にしたいと願っている人にとっては最適の治療法です。出っ歯のホワイトニングをして...