スポンサーリンク

出っ歯は遺伝によるものなのか

誰しも身体的な悩みやコンプレックスは持っているものです。それは身長であったり、視力であったりと人それぞれです。

 

中でも、出っ歯に悩んでいる人はとても多いように感じます。

 

そして、まず考えるのが自分のコンプレックスが遺伝によるものなのか?それとも自分自身の生活習慣によるものなのか?ということです。

 

多くの身体的特徴は、遺伝によるところが大きいと言えます。それは出っ歯に関しても同じです。

 

そこでまず出っ歯で悩んでいる人は、ご両親の歯と自分の歯を見比べてみましょう。もしもご両親が出っ歯でありご自身も同じような形の出っ歯であれば、それは間違いなく遺伝的要因が大きいかと思います。

 

というのも、出っ歯の根本的な原因には骨格の形が影響しているからです。

 

出っ歯には歯性と骨格性の2種類が存在し、後者の出っ歯の場合は遺伝的要因が大部分を占めます。

 

なぜなら生まれたときから上の顎が下の顎より突出していたり、下の顎が上のより後退していたりするためです。

 

これらは顎骨の位置や形に由来しているため、生まれたあとの生活習慣でそう大きくは変わりません。ですので骨格性の出っ歯では、ご両親と顔貌が似ているケースがほとんどです。

 

ではその一方で、歯性の出っ歯には遺伝的要素は関係していないのでしょうか?

 

歯性の出っ歯は、その多くが生活習慣によるものなので遺伝的要因は小さいと言えます。

 

例えば、指しゃぶりや口呼吸によって出っ歯は助長されますが、これらは生活習慣による前歯の傾斜が根本的な原因と言えます。

 

ただし、歯性の中でも遺伝的要因の強い出っ歯もあります。

 

それは歯の形や大きさによって、予め前方に突出せざる負えないようなケースがあるためです。これらは一見すると生活習慣に由来しているように見えるのですが、実は遺伝の要素が大きいと言えます。

 

このように出っ歯は概して遺伝によるケースが多いと言えますが、どちらにしても矯正等で治療することが可能です。

 

しかしながら治療をするにあたって、まず自分の歯がどういった理由から出っ歯になっているのかを知ることは重要であると言えます。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加