スポンサーリンク

乳児、小児期による過剰歯や先行乳歯の異常による出っ歯の原因

出っ歯には、必ず原因が存在します。

 

そしてその原因の多くが生まれる前
あるいは乳児や小児期にあると言えます。

 

生まれる前の原因を先天性と言い、基本的には顎の骨の形や大きさによる異常を指します。

 

顎の骨は上下二つあり、それぞれ上顎骨と下顎骨と言います。この二つの骨の大きさや形は、ある程度遺伝的に決まってしまっています。

 

上顎骨と下顎骨のバランスが悪くなってしまうと出っ歯という歯列不正が生じるのです。

 

例えば、上顎骨が異常に発達して前方に突出してしまっている場合は、そのまま出っ歯となってしまいます。

 

あるいは、上顎骨の発達が正常でも下顎骨の発達が小さい場合は、相対的に上顎が前方に突出してしまうため、結果的に出っ歯となってしまうのです。

 

生まれた後の出っ歯の原因には、指しゃぶりなどの口腔習癖や過剰歯などの異常を挙げることができます。

 

口腔習癖に関しては、母親が注意してあげることによって解消することはできますが、異常歯についてはそう簡単にはいきません。

 

異常歯にはどのようなものがあるのか?

異常歯には歯の形や大きさ、歯の数や色といったものがあります。このうち、出っ歯の原因ともなり得るのは歯の形や大きさ、それから歯の数です。

 

例えば、過剰歯という異常であれば正常な歯列よりも多くの歯が生えてきてしまいますから、自ずと歯列不正を起こしてしまいます。

 

特に前歯の裏側に過剰歯が生えてくるケースも多く、これは間違いなく出っ歯の原因となってしまうのです。

 

その他、先行する乳歯が然るべき時期に脱落せず、長い間居座ってしまうと後続の永久歯がつっかえてしまうことがあります。

 

その結果として、出っ歯となる症例も少なくありません。また、左右の歯の大きさや形に異常がある場合でも、結果的に前歯が前へ突き出されてしまうこともあり得ます。

 

こうした出っ歯となりえる要因が早期にわかった場合には、早めに対処しておく必要があります。

 

小児矯正で出っ歯を治療しておく

小児矯正というのが、その一つの方法です。

 

まだ歯列が完成していない段階で、そうした出っ歯の要因を矯正によって取り除いておくことで、出っ歯を予防することが可能なのです。

 

小児矯正は症例によってはかなりの費用がかかりますが、子供のその後の人生を考えると、それほど高い治療とは言えないかもしれません。

 

現に大人になって、出っ歯をコンプレックスに思い深刻に悩んでいる人は数多くいます。子供にそうした苦労をさせないためにも、出っ歯の早期発見、早期治療を心掛けていきましょう。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加