スポンサーリンク

出っ歯は虫歯を誘発する

出っ歯というのは、単に審美性の低下を招くだけでなく、さまざまな問題をはらんでいる歯列の異常といえます。

 

中でも、最も深刻な問題が虫歯を誘発するという点です。

 

歯が前に出ているというだけでどうして虫歯を引き起こしやすくなるのか?と疑問に思うかたも多いことでしょう。

 

その答えは唾液の成分にあります。

 

まず唾液というのは、エナメル質の修復材料としての役割を持っているということを確認しておきましょう。

 

エナメル質は、リン酸カルシウムという無機質によって構成されていて、人体の中で最も硬い組織であるといわれています。

 

けれども酸性環境や虫歯によって、歯質の軟化した状態ではとても傷つきやすくなります。

 

そうした条件の元では、過大なブラッシング圧にも抵抗できなくなります。つまり、普段の歯磨きにおいてもエナメル質には目に見えない傷がついてしまっています。

 

しかしながら、口腔内には大唾液腺や小唾液腺が複数存在しており、常に唾液を分泌してくれています。

 

この唾液には、リン酸やカルシウムといった無機成分が豊富に含まれているため、傷ついた歯を修復する手助けをしているのです。それに加えて、唾液の緩衝作用という性質にも注目する必要があります。

 

先ほども書いた通り、歯は酸性環境に弱いのですが唾液はアルカリ性を帯びており、口腔内の環境を中性へと引き寄せる働きをします。

 

中性に近い環境であればエナメル質の脆弱化も起こらず、虫歯になる可能性も低下するのです。

 

出っ歯であることは前歯が外気に晒されているため、絶えず乾燥した状態にあります。また、出っ歯の人は口呼吸をしているケースが多く、口腔内全体も乾燥している傾向にあります。

 

つまり出っ歯を放置しておくと、虫歯の発生率を急激に増加させてしまうのです。

 

これは出っ歯は見た目が悪い・・・という審美性の問題以上に危惧すべき弊害といえるかもしれません。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加