スポンサーリンク

出っ歯はさらなる歯列不正を生む

出っ歯を放置しておくと、その他の歯にも悪影響を及ぼすことをご存知でしょうか?人間の歯というのは、1本1本が独立して存在しているわけではありません。

 

上下の顎の骨を土台として、左右の隣り合う歯と、上下の噛み合う歯とが相互に支え合って存在しています。

 

ですので、仮に1本の歯が抜け落ちてしまったら、本来それと噛み合っていた歯が自然と浮き上がってきます。

 

これを挺出(ていしゅつ)と言います。

 

また、抜け落ちたはの左右に存在する歯は片側の支えを失うので、欠損している部分に倒れ込んでいきます。

 

これを傾斜(けいしゃ)と言います。

 

このように、1本の歯が無くなってしまったり位置がおかしくなると、歯列全体も異常をきたしてくるものなのです。

出っ歯を治さないでおくと、その他の歯にどのような影響が及んでいくのか?

まず、出っ歯の状態だと下顎の前歯ときちんと噛み合わなくなってしまいますから、年を経るごとに下の前歯が浮き上がってきてしまいます。

 

それと同時に、出っ歯となっている上顎の前歯もきちんと噛む相手がいないため、次第に前方へと突出していくのです。

 

つまり出っ歯を放置することで、さらに出っ歯の程度が悪くなっていくと言えます。

 

その他、前歯の噛みあわせが悪くなることで、歯列全体の噛みあわせもずれてきます。

 

歯列というのは、できるだけ多くの部分で噛み合っている状態が好ましいのですが、この咬合点が減少していくにつれ、一部の歯に咬合圧が偏っていくこととなります。

 

人の咬合力・・・すなわちものを噛む力というのは男性で60kgもあります。

 

この力をできるだけ分散しているのが正な常歯列なのですが、出っ歯などの歯列不正では、どこかの歯に応力が集中してしまいます。

 

そうすると、歯が欠けてしまったり歯面に傷がついて虫歯を誘発したりするのです。また、過大な応力負担は歯の周りにある歯周組織にも悪影響を及ぼし、歯肉炎や歯周炎などの歯周疾患をも引き起こしていきます。

 

これらを踏まえると、出っ歯というのはできるだけ早く正常な状態に戻しておいた方が良いものだとわかります。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加