スポンサーリンク

出っ歯の進行を抑えるには

出っ歯で悩んでいる人で、日々、前歯の突出度が進行していると感じているケースが意外に多かったりします。

 

それは実際に出っ歯が進行しているということもありますし、目の錯覚でしかないこともあります。

 

自分のコンプレックスに関しては、悲観的になってしまう傾向がありますから、出っ歯が悪化していると思い込んでしまっても不思議ではありません。

 

そこでまず出っ歯というのは進行するものなのか?ということをはっきりさせておきましょう。

 

答えからいうと出っ歯は、時間を経るごとに進行するケースがあります。

 

これは前歯に限らずとも、個々の歯全てが全体のバランスの上で成り立っているためです。例えば、小臼歯や大臼歯が経年的に摩耗してくると、奥歯全体の噛みあわせのラインが下がります。

 

けれども、前歯は食物を噛み切るのに使用されるためそれほど摩耗しません。

 

すると、前歯の噛みあわせのラインは変わっていないため、今度は前歯同士の早期接触というものが起こります。

 

つまり、上の前歯と下の前歯が強く当たるようになるのです。そうなると上の前歯が応力から逃れようとして、前方へと突出するようになります。

 

このケースでは前歯のケアを念入りに行っているだけでは、出っ歯の進行を抑えることはできないのです。また舌突出癖などの口腔習癖を、長年続けていくことでも出っ歯は悪化していきます。

 

ですので、そうした口腔習癖を改善することも、出っ歯の進行を抑えるには大切なポイントとなります。

 

こうした点を踏まえ、自分の出っ歯が本当に進行しているかをまず見極めましょう。

 

それには、歯科クリニックで診察してもらうのが一番です。

 

歯科クリニックでは、レントゲン撮影などを用いて、出っ歯が進行しているか否かを厳密に判定してくれます。また、その対処法も提示してくれます。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加