スポンサーリンク

マウスピースを用いた出っ歯の矯正

出っ歯という見た目の悪さに、コンプレックスを抱いている人は少なくありません。そんな出っ歯を治すのに、歯列矯正は最適な治療法といえます。

 

ただし、矯正装置を装着している数年間は、見方によっては治療前よりも審美性が低下するという矛盾が生じてしまいます。

 

そこで治療中の審美性低下を抑制する方法として、マウスピース矯正をおすすめします。

 

一般的な矯正治療はブラケットとワイヤーを用いて行いますが、マウスピース矯正では、その名の通りマウスピースで歯列の不正を治します。

 

マウスピースというのは、ボクシングで選手が口の中に含んでいる樹脂製の歯型のことを指します。

 

厳密には、アライナーと呼ばれる透明な歯型を用いて矯正を行います。透明であるため、一見すると矯正していることがわかりません。

 

また、取り外しも自由なので都合の悪い時は装着をやめることも可能です。同時に自分の手で清掃することができるので、清潔であるといえます。

 

ワイヤー矯正の場合は取り外しが不可能なので、口に装着したまま歯ブラシで清掃しなければならず非常に手間がかかるのです。

 

治療自体はアライナーを口腔内に装着するだけなのですが、1日20時間以上は着けていなければなりません。

 

アライナーは2週間ごとに新しいものに交換するため、そのたびに歯科クリニックへ受診しに行きます。治療期間は半年から2年程度となっていますが、出っ歯でも軽度のものに限られています。

 

やはり出っ歯の傾斜が大きかったり、あまりにも前方に飛び出している場合はワイヤー矯正や外科処置が必要になってきます。

 

マウスピース矯正の治療費は数十万円程度です。

 

こちらも出っ歯の状態にもよりますし、歯列全体を矯正しなければならないケースではそれなりに費用がかかります。

 

それから出っ歯を矯正で治療する場合、かなり高額な費用がかかることが多いため、医療費控除の対象となるケースが多々あります。損をしないためにも、念のため申請しておきましょう。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加